煙草にも、殺虫剤にも含まれるニコチン

喫煙者の多くは喫煙している期間や1日に吸う本数によっても大きく変わることになりますが、中には依存症のような状態に陥ってしまっている方が存在しています。
煙草にはニコチンが含まれていることでも知られていますが、ニコチンは依存性の高いものとしても知られています。
精神的な部分として安定感が得られると実感している方も存在しているのですが、この点に関してはマイナスの面の方が多いことでも知られています。
煙草を吸うことによって、体内環境を悪化させることだけではなく、精神面にも悪影響を及ぼす可能性が指摘されており、現在では数多くのメディアによっても禁煙を推奨するような運動を見ることができます。
煙草に含まれているニコチンに関しては、喫煙者にとっては無くてはならないものとされている一面を持っているのですが、殺虫剤の種類によっては、その成分にニコチンを使用しているものもあるように、やはり身体にとっては悪影響を及ぼす物質ということが分かります。
殺虫剤として利用されているものの他にも、虫よけ用として利用されているものもあり、ニコチンの性質上として生命を持っている多くの生き物に対して害を与えるものとして考えることもできます。
禁煙を目指す方も年々増加傾向にあることも近年では目立つ部分とされており、役立つアイテムとして電子煙草や禁煙パッチ、病院での治療方法なども進化をしている状態になります。
インターネット上でも禁煙に役立つアイテムの数々が販売されているものを目にすることができ、中には個人輸入を代行する形式によって購入できるものまで登場しています。
できるだけ早期にニコチンを摂取しない生活を送ることがおすすめになり、健康体を維持することによって、周囲に対しても良い環境をもたらすことになります。

発がん性物質も数多く含まれる煙草

煙草は喫煙する本人に健康への悪影響があるだけでなく、周囲の人にも煙草の煙による悪影響があることがわかっています。喫煙する習慣がないのに煙草を吸う人の近くにいるだけで無意識のうちに煙草の煙を吸ってしまいます。これを受動喫煙といい、体に悪い害があるといわれています。煙草からは約3000、煙からは約4000の化学物質が見つかっています。煙草と煙からは共通してニコチンや一酸化炭素等の有害な物質が250あり、タールを含む発がん性物質が50も含まれています。
煙草の吸いすぎは肺がん等の原因であることは広く知られています。がんの原因となる物質とがんの種類について説明していきます。タールは発がん性物質だらけの化学物質で、肺や器官に真っ黒にして肺の働きを低下させてしまいます。一度肺や器官に付いたタールは二度と取れることはありません。カドミウムは白血病や肺がん、前立腺がんを発症する危険性があります。ナフチルアミンはぼうこう癌の発がん物質が含まれているといわれています。この他にはベンゼンは白血病やぼうこう癌、ニッケルは肺がんなど、アンモニアは肝臓がんなど、ヒ素は肺がん、ホルムアルデヒドは白血病などの発がん性物質が含まれています。この中には名前を耳にしたことがある化学物質もあるのではないでしょうか。煙草には上記のような発がん性物質が50も含まれているのです。これらの物質は喉頭がんや食道がん胃がん、子宮がん、膵臓がんなどを発症させる可能性があります。ヘビースモーカーにはぼうこう癌を発症する確率が高いといわれています。喫煙が回数が多くなればなるほど病気を発症する危険性も高くなっていきます。受動喫煙は喫煙する本人よりも高い確率でがん等の病気を発症する危険性があります。

女性の喫煙は卵巣機能を壊します

煙草は百害あって一利なしと言われるように、女性の身体にも悪い影響を及ぼします。
その一つは卵巣機能を低下させることにあります。
煙草に含まれている有害物質は卵巣が正常に働く事を妨げます。
それにより女性には欠かせない女性ホルモンの生成を妨げることにもなりかねません。
それは妊娠しにくくなることも意味します。
すでに子供を産んでいたり、子供がいらないと思っていたりするので喫煙しても、大丈夫と思っている人もいるかもしれません。
しかし女性ホルモンが乱れると生活全体に影響を及ぼすようになります。
ホルモンバランスの乱れは婦人科系の病気を引き起こし、頭痛や腹痛などの原因にもなります。
ですから女性の喫煙による最大の害の一つは卵巣機能が著しく低下することです。
ひどくなるなら、卵巣がほとんど機能しなくなることもあります。
さらに喫煙は脳内にも影響を及ぼします。
脳の中には情報伝達のための物質がたくさん放出されています。
しかし喫煙によりそれが妨げられます。
その結果思考を明敏に保つことができません。
煙草によって頭がすっきりなったように感じるかもしれませんが、それはカフェインのような覚醒作用が働いてそう感じるだけです。
実はその逆のことが起こっています。
また人間の細胞には自己更新をする働きがあります。
つまりセルフメンテナンスを行うことが、組み込まれています。
ところが煙草を吸う事でそれら優れた働きが弱くなります。
そうなると、細胞内で古い不要な物質が外に運び出されず、あたらしい細胞を作ることもできません。
結果として、皮膚のハリやツヤが悪くなり、免疫力も低下します。
このように、女性の喫煙の大きな害の一つは卵巣機能を低下させ、時にはほとんど働かなくなることです。



ページトップへ